Synthetic Biology Lab

English

Research

共培養によるバイオマス生産性の向上

共培養とは、その名の通り、同じ培地で複数種の細胞または組織を培養することです。複数種の微生物から構築された異なる合成遺伝子回路、あるいは分割された合成代謝経路を持つ合成微生物コンソーシアムは、単一の微生物の能力を超える機能を発揮できます。しかし、微生物のコンソーシアムは、菌体比の維持や生育環境の調整に課題があり、ほとんど開発されていないのが現状です。 当研究室では、複数の異種大腸菌を用いた共培養や、大腸菌とシアノバクテリアを組み合わせた共培養を研究テーマとして扱っております。特定の遺伝子の発現タイミングや発現量を調節するシステムと組み合わせることで、共培養の課題を克服しようと試みております。