Synthetic Biology Lab

English

Research

機械学習

当研究室では、機械学習をバイオテクノロジーの分野に応用する研究を行っております。この研究は、深層学習および統計学的な手法を用いて、遺伝子配列情報などから生物機能の推定や判別を行うものです。このような研究は、農学、工学、医学の幅広い分野で今後ますます発展していくと考えられ、世界各地で研究が行われておりますが、当研究室のように、分子生物学実験と機械学習の両方を行う研究室は大変少ない現状です。 当研究室では、次世代シーケンサーやセルソーターなど最新の機器を用いて、機械学習の入力データを実験により独自に集めております。機械学習を従来の実験系に応用することで、微生物による、より効率的な物質生産や遺伝子発現の制御を目指しております。